30代が転職エージェントを利用する3つのメリット

30代転職エージェント

30代で転職エージェントを利用する3つのメリット

  1. これまでのキャリアを振り返り転職先を選べる
  2. スキル・実績をアピールし好条件を勝ち取る準備ができる
  3. 非公開求人が豊富

30代から転職できる有効求人倍率は大台の1を突破!転職市場は急激に回復中

【図1】30〜34歳の有効求人倍率の推移

30代 有効求人倍率

【図2】35〜39歳の有効求人倍率の推移

30代有効求人倍率の推移

出典:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000163077.html

「有効求人倍率」は、求職者1人あたりに何件の求人が存在するかを示しています。

数値が「1」を超えると、求職者の数を求人数が上回っていることになり、転職がしやすい環境であることがわかります。

上のグラフは2008年以降、30~34歳、35~39歳の「有効求人倍率」がどのような推移をたどったかを示しています。

2008年に起きたリーマンショックの影響で、2009年には30~34歳、35~39歳ともに0.4台という低い数値になっていますが、それ以降は徐々に回復。

2015年には、30~34歳、35~39歳でそれぞれ、1.19、1.14という求職者優位の市場になっています。

現在、30代の人の中には、「20代で転職を考えたが、見送らざるを得なかった」という人も多いのではないでしょうか。

30代は思い切った転職ができる最後のチャンスといえます。

当時、実現できなかったキャリアアップやキャリアチェンジを、真剣に再検討してみてもいいかもしれません。

引用:https://mynavi-agent.jp/30s/

 

20代の転職に強い!転職成功実績No. 1の転職サイトはこちら

 

30代におすすめの転職エージェントの選び方3つのポイント

公務員から転職

30代の転職エージェントの選び方は、

  1. 総合型か特化型
  2. 求人数を数多く保有している
  3. 求人票では分からない情報を網羅

この3つを基準に選ぶのがポイントとなります。

総合型か特化型

転職エージェントは幅広い職種や業界を網羅した総合型エージェントと、キャリアップを狙いたい方やフリーター向けの求人を紹介する特化型エージェントに分けることができます。

公務員から転職する、キャリアの幅を広げたい方は総合型のエージェントを、これまでのマネジメント経験を活かしたい・フリーターの方は特化型エージェントを利用することをお勧めします。

非公開求人数を数多く保有している

転職サイトや転職情報誌をみて20代の求人に比べると30代を対象にしている求人が少ないと思ったことあるのではないでしょうか。

しかし30代の転職希望者を募りたいと思っている企業は、主に『企業の事業戦略』に密接に結びついた応募ばかりなので、他社への情報漏洩の観点から、一般には公募せず特定の人しか閲覧できない非公開求人で人材を募集しています。

転職エージェントの公式ホームページでは、求人の何パーセントが非公開求人か公開しているのが一般的なので、30代で待遇面の良い転職先を探すためにも非公開求人の保有数は気にしていきましょう。

求人票では分からない情報を網羅

転職エージェントによって、求人票では分からない独自の情報を網羅できているか否か変わってきます。

いくら求人数を保有していても、事前に独自の情報を収集できなければ転職した後に「こんなはずではなかった」と入社後のミスマッチを引き起こしてしまいますよね。

そうならないためにも、求人情報には掲載されていない、人事担当者や現場責任者の本音を事前に知っておくことが大事です。

30代におすすめの転職エージェントを種類別で比較

リクルートエージェントDODAJACリクルートメント
公式HP          公式HP         公式HP        公式HP
種類総合型総合型特化型
サポート面接セミナー
履歴書・職務経歴書添削
Agent Report
転職活動全般のアドバイス
面接対策
履歴書・職務経歴書添削
アドバイザーの親身なサポート

ハイクラスの求人
面接対策
掲載されている企業は主に
外資系のグローバル企業
非公開求人約10万件  ○約8万件△約1万件
おすすめ度⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐

比較してみると、リクルートエージェントが非公開求人数No. 1と優れているのが分かります。

非公開求人が多いということは、それだけ20代から転職できる企業を探すことができるということです。

運営する『株式会社リクルートキャリア』の知名度も抜群なので是非ご活用ください。

 

30代におすすめの転職エージェントランキング2018

リクルートエージェント

f:id:poririn03:20171017234502j:plain

リクルートエージェントは、業界最大規模10万件の非公開求人を抱えており、これまでに30万人の転職を成功させた転職成功実績No. 1の転職エージェントです。

土日、祝日20時以降も相談可能なので、じぶんの予定に合わせて就職アドバイザーに相談することができます。

 

  • 転職成功実績No. 1!10万件の非公開求人を保有している
  • 転職した10人に6人以上の年収がアップ
  • 参加した99%が満足と答える、面接セミナーに参加
  • 『AgentReport』という、業界分析から選考ポイントを独自に分析したサービス

 

リクルートエージェント公式サイトはこちら

 

JACリクルートメント

JAICリクルートメント

JACリクルートメントは利用者の70%が35歳以上、年間6万70000人が利用している主にマネジメント経験がある方を対象とした転職エージェントになります。

掲載されている求人は、外資系企業や海外進出を狙うグローバル企業が多いのが最大の特徴です。

 

  • キャリアアップに勧めたい転職エージェントNo. 1
  • 25,000件以上の求人のうち約60%が非公開
  • 掲載れている企業は国内最大手から外資系と幅広い
  • 550名のアドバイザーから企業の風土や事業戦略を聞ける

 

JACリクルートメント公式サイトはこちら

 

DODA

f:id:poririn03:20171102134419j:plain

DODAは業界最大級10万件以上の求人を抱えている、転職社満足度No. 1の転職エージェントになります。 

就職アドバイザーの丁寧なサポートには定評があり、土日・祝日は21時、平日は22時まで相談可能なので、仕事帰りに相談することができます。

 

  • 転職者満足度No. 1
  • 8万件の非公開求人
  • 就職アドバイザーの丁寧なサポート
  • 履歴書・面接対策

 

DODA公式サイトはこちら

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは30代の転職に強く、関東・関西エリアの求人を網羅している、国内最大級の転職支援実績をもつこマイナビが運営している転職エージェントです。

保有する求人のうち約80%が非公開求人であり、さらにはマイナビエージェントでしか見ることができない『独占求人』を保有しています。

 

  • 30代の転職に強い!
  • 約1万5000件の非公開求人
  • 全国に配置されたマイナビ担当が大手・有料企業との接点を保有
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザー

 

マイナビエージェント公式サイトはこちら

 

 

パソナキャリア

f:id:poririn03:20171130152916j:plain

パソナキャリアは、業界トップクラス4万件以上の求人を抱え、これまでに23万人以上の転職を支援してきた転職エージェントです。

IT・ Web業界・ものづくり業界・金融・販売・流通・サービスなど12分野のプロの就職アドバイザーに相談できるのが最大の特徴になります。

 

  • 転職実績25万人
  • 4万件の求人のうち約80%が非公開
  • 1万6000社以上の取引企業
  • 12分野のプロの就職アドバイザーから業界の動向を聞ける

 

パソナキャリア公式サイトはこちら

 

30代におすすめの転職エージェントの賢い使い方

転職エージェント使い方

30代が転職エージェントを利用するに当たり、

  1. なるべく多くの求人に目を通し、感想を伝える
  2. 企業と面接した感触を報告する
  3. 事情が変わったときも必ず報告する

この3つのポイントを押さえておくことで、転職エージェントと良好の関係を築き、転職を成功させる確率を高めることができます。

転職エージェントから紹介された求人の背景を知る

転職エージェントから紹介された求人には、なるべく目を通し感想を伝えましょう。

その理由は、就職アドバイザーから求人を紹介された背景を知ることで「なぜ、この求人を紹介されたのか」という疑問を解決することができるからです。

また、紹介された求人が希望と合わない場合も、感想を伝えて求人のラインナップを変更してもらいましょう。

転職エージェントに企業と面接した感想を報告する

企業によっては、入社してくれる可能性が高い候補を最優先にすることがあります。

そのため入社意欲が高い企業の場合は、就職アドバイザーが入社への不安や不満を解消するために条件面談を設定してくれることがあるのです。

また感想を伝えることで、入社意欲の高い企業から面接を設定してくれるメリットもあるので、転職エージェントに企業と面接した感想を報告するようにしていきましょう。

転職エージェントに事情が変わったとき報告をする

退職が早まった、家族の反対から転職条件が変わるようなことがあれば転職エージェントに報告するようにしてください。

転職エージェントに報告することで、その変化に合わせて転職活動のプランを修正してもらうことができます。

転職活動のプランを修正することで、これまでと違う求人を紹介してもらうことができますからね。

 

マイナビエージェント公式サイトはこちら

 

【ケース別】30代におすすめの転職エージェント

転職エージェントはじぶんの置かれているケースによって利用すべき転職エージェントが変わりますので、

  • 30代男女性におすすめの転職エージェント
  • 30代マネジメント経験ありの方におすすめの転職エージェント
  • 30代フリーターにおすすめの転職エージェント
  • 30代未経験に強い転職エージェント

これらをご紹介していきます。

30代男女性におすすめの転職エージェント

f:id:poririn03:20171017234502j:plain

リクルートエージェントは、業界最大規模10万件の非公開求人を抱えており、これまでに30万人の転職を成功させた転職成功実績No. 1の転職エージェントです。

土日、祝日20時以降も相談可能なので、じぶんの予定に合わせて就職アドバイザーに相談することができます。

 

  • 転職成功実績No. 1!10万件の非公開求人を保有している
  • 転職した10人に6人以上の年収がアップ
  • 参加した99%が満足と答える、面接セミナーに参加
  • 『AgentReport』という、業界分析から選考ポイントを独自に分析したサービス

 

リクルートエージェント公式サイトはこちら

 

30代後半・マネジメント経験有りにおすすめの転職エージェント

JAICリクルートメント

30代後半・マネジメント経験有りの方におすすめなのは、利用者の70%が35歳以上、高年収の求人が多いJACリクルートメントです。

これまで培ってきたマネジメント経験を活かしたいのに、的外れな求人しかなければ転職活動の効率が悪くなってしまいます。

JACリクルートメントなら掲載されている求人は、外資系企業や海外進出を狙うグローバル企業・ハイクラス求人が多いので、マネジメント経験を生かすのであればJACリクルートメントです。

 

  • キャリアアップに勧めたい転職エージェントNo. 1
  • 25,000件以上の求人のうち約60%が非公開
  • 掲載れている企業は国内最大手から外資系と幅広い
  • 550名のアドバイザーから企業の風土や事業戦略を聞ける

 

JACリクルートメント公式サイトはこちら

 

30代フリーター・未経験におすすめの転職エージェント

第二新卒AGENTneo

30代フリーター・未経験におすすめな第二新卒AGENTneoは、15000名以上の就職成功者と未経験求人OKの求人を5000件以上抱える転職エージェントになります。

掲載されている求人、その全てが社会保険の完備がない、労働環境が悪い、いわゆるブラック企業ではないのが最大の特徴です

 

  • 15,000人以上の転職支援実績
  • 5,000件以上の求人
  • 離職率が高いブラック企業なし
  • 面接で落ちた理由を知れる

 

第二新卒AGENTneo公式サイトはこちら

 

30代におすすめの転職エージェントを利用する7つの重要性

公務員から転職

30代が転職エージェントを利用する重要性は主に、プロの就職アドバイザーとこれから転職活動をするに向けて抱えている不安を整理できるところです。

一人で転職活動していては何をどうすればいいか分からず、いざ求人を見つけても「本当にこの転職先でいいのか」と頭によぎってしまいます。

特に30代の転職は20代と違い、年齢的にあとがないので一時的の感情で闇雲に転職活動をしていては後ほど後悔のもとです。

 

このようにならないためにも、転職エージェントで、

  1. 面談で悩みを整理
  2. 履歴書や職務経歴書の書き方を支援
  3. 求人情報の紹介
  4. 事前に入社後の自分をイメージできる企業セミナーにご案内
  5. 企業ごとの面接傾向とアドバイス
  6. 合否の結果の通知
  7. 退職交渉のアドバイス

これらのサポートを受け、悩みの根本を紐解いていくべきです。

面談で悩みを整理

30代で転職活動をはじめ「キャリアアップを狙うべきか、ワークライフバランスを重視するべきか」という状況でも、就職アドバイザーに相談することで、この迷いや悩みを整理することができます。

いくら一人で「今の職場から転職して理想のじぶんを実現する」と意気込んでも、転職活動の悩みを抱えていては効率的に転職活動を進めることができません。

それに転職エージェントに相談することで、効率的な転職活動のやり方、転職活動中に起こり得る問題や障害への対処法を知ることができるのもポイントになります。

職務経歴書・履歴書の書き方を支援

中途採用の選考では、まず企業の採用担当者は履歴書・職務経歴書の審査を行います。

これらの書類は一人で書こうとしても、「自己PRや志望動機はどのように書けばいいのか」と筆が止まってなかなか上手く書けないものです。

履歴書・職務経歴書は書き方の工夫次第で、書類選考に通過できる確率が高まりますので、就職アドバイザーと『じぶんの強み』を一緒に探り、自己PRや志望動機を書類上でどう表現するかアドバイスを受けていきましょう。

求人情報の紹介

一人で求人を見つけようとすると、どうしても知っている業種や企業に応募先の選択肢は狭まってしまいます。

あなたが知らない分野・見過ごしている企業にこそ『理想の求人』があるかもしれません。

また、転職エージェントなら転職サイトやハローワークには掲載されていない求人があるので、30代の転職では必ず知っておきたい非公開求人を知り転職先の候補を増やすことができます。

事前に入社後の自分をイメージできる企業セミナーにご案内

転職エージェントでは、求人企業に対して独自のか企業セミナーの開催を依頼することがあります。

これは転職エージェントならではの特徴で、他にはないサービスです。

企業セミナーに参加して、人事担当者の話、現社員や転職者の体験談を聞くことにより、その企業で働いている姿をイメージしたうえで『本当にこの企業に応募するか否か』を判断することができます。

企業ごとの面接傾向とアドバイス

面接前に「どんな質問をされ、どのようなポイントが注目されるのか」を心得ておけば、面接を通過できるといっても過言ではありません。

面接を通過できるコツを掴むために、転職エージェントが保有している企業ごとの面接傾向、業界の特色を知ることで他の転職希望者に差をつけることができます。

一人ではできない、転職理由・志望動機の質疑応答をする『模擬面接』をすることができるので、面接本番に自信をもってのぞむことができます。

合否の通知結果

転職エージェントなら求人企業のなかには合否の結果とともに、その理由を教えてくれる企業があるので、じぶんの何が評価され、何がダメだったかを知ることができます。

面接で不採用になった理由が分からなければ、次の面接に活かすことはできないですよね。

不採用になった場合、次の面接で何が評価されダメだったか活かせるのは転職エージェントならではの強みです。

退職交渉のアドバイス

無事転職先が決まった後も、就職アドバイザーが入社するまでサポートをしれくれます。

いくら転職先が決まっても退職をスムーズに行うことができなければ、最悪、内定取り消しになってしまいます。

このようにならないために、いま勤めている企業を円満退職する方法、退職交渉が難航した場合の秘訣を教授してもらうことができます。

 

30代の転職に強い!転職成功実績No. 1の転職サイトはこちら

 

30代は転職エージェントと転職サイトどっちを利用すべきか

転職エージェントと転職サイトの主な違いは、プロの就職アドバイザーから転職のサポートを受けるか否かです。

確かに転職サイトなら、じぶん一人でインターネット上から求人を探すことができるので、マイペースに転職活動を進めることができます。

 

ですが就職アドバイザーからサポートを受けることができないので、求人を探す、応募する、求人との日程調整をすべて一人で行わなければなりません。

転職エージェントにも、自ら足を運び相談しにいかなければならないというデメリットはありますが、それを差し引いても転職エージェントに相談するメリットの方が大きいです。

30代は転職エージェントとハローワークどっちを利用すべきか

転職エージェントならハローワークと異なり、プロの就職アドバイザーから『求人票以外の情報』を提供してもらうことができます。

例えば会社の風土や企業の将来性を加味した転職アドバイスを行ってくれるので、転職先を決める前により満足度の高い情報をもらい、他の求人と比較することができるのです。

それにハローワークに掲載されている企業は、求人掲載に費用をかけたくないという考えがあるので、当然、給与待遇面は最低レベルであることは覚えておいてください。

転職エージェントと転職サイト・ハローワークの特徴を比較

転職エージェント転職サイトハローワーク
デメリット   相談する時間を割く
    非公開求人が少ない   基本平日のみの相談
非公開求人◎数が多い△数が少ない△数が少ない
特徴最適なキャリアプランで
転職先を探してくれる
応募書類に書き方や面接
のアドバイス
入社日の交渉や年収交渉
自分で転職先を探す
応募生類の書き方や面接対策
は一人で行う
インターネットの情報をもとに
内定から入社の段取りを組む
機械的に転職先を探す
応募書類の書き方や
面接のアドバイス
入社日の交渉や年収交渉
なし
おすすめ度⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐

この表を見るとハローワークや転職サイトに比べ、転職のサポートが充実しているので30代で転職するなら転職エージェントをおすすめします。

転職エージェントを利用するデメリットは、忙しい時間を割いて相談をしに行かなければならないことです。

デメリットを鑑みても、保有している求人数、書類・面接対策、そして入社後のサポートも充実しているので、転職サイトやハローワークを利用するなら転職エージェントも利用していきましょう。

30代におすすめの転職エージェントに複数登録して転職を成功させよう

転職先

これまで転職エージェントをご紹介してきましたが、転職エージェントにはそれぞれ特徴があります。

転職エージェントを上手に利用するなら、その特徴を踏まえ複数の転職エージェントに相談することがポイントです。

 

最後に30台代におすすめの転職エージェントの特徴をケース別にまとめると、

これらになり、どれか迷うのであれば、まずは30代の転職に強いリクルートエージェントに相談していきましょう。

 

リクルートエージェント公式サイトはこちら