パワハラへの対応をするなら『職場におけるパワーハラスメントの定義』を確認しよう

パワハラ 対応

職場におけるパワハラの定義は上司や同僚、はたまた部下と関係なく、同じ職場で働くものに対し業務の範囲を超えて精神的・肉体的苦痛を与えることです。

業務の範囲を超える精神的・肉体的苦痛とは、

  1. 身体的な攻撃:暴行・傷害
  2. 精神的な攻撃:脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
  3. 人間関係からの切り離し:隔離・仲間外れ・無視
  4. 過大な要求:業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制・仕事の妨害
  5. 過小な要求:業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命ずることや仕事を与えないこと
  6. 個の侵害:私的なことに過度に立ち入ること

これらに分けることができ、主にパワハラ対策をするならこの6つのどれかに該当している必要があります。

 

この記事ではパワハラを受けても我慢することなく対応できるように、

  • 会社がしてくれたパワハラに遭ったときの対応(体験談)
  • パワハラの記録を集める方法
  • 会社がパワハラ対応してくれないときの対応
  • 厚生労働省が発表しているパワハラ対応マニュアル

これらをご紹介していきますので是非参考にしてください。

 

職場のパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義をしました。

引用:厚生労働省職場のパワハラの定義

【体験談】会社(部下が上司からから)がしてくれたパワハラに遭ったときの対応

パワハラ対策

会社がしてくれたパワハラに遭ったときの対策

  • 人事から部署異動の勧告
  • 総務部からの配置換え勧告

会社のパワハラ対応①本部の人事から降格処分の勧告

私(公務員)は職場内でパワハラを受けていた従業員が、職場のパワハラ相談員にパワハラの実態を報告することで、当事者が降格処分になったのを目にしています。

「職場のパワハラ相談員って、どうせ肩書きだろ」このように思っていましたが、現実はしっかり機能していました。

会社のパワハラ対応②総務部からの配置換え勧告

また、私(公務員)は職場内でパワハラを受けていた従業員が、同じく職場のパワハラ相談員にパワハラの実態を報告することで、当事者が配置換え処分(別の課に異動)になったのを目撃しています。

このように会社のパワハラ相談員に報告することで当事者は降格・配置換え処分を受けているケースがありますので、パワハラで悩んでいる方は一人で悩むことなく、職場のパワハラ相談員に相談してみてほしいです。

会社のパワハラ対応で配置換えは必ずしも叶うわけではないことは覚えておこう

パワハラをしている上司を配置換えするか否かの最終決定者は会社です。

ですから会社が配置換えに応じれば上司を配置換えすることは可能ですが、応じないときは配置換えさせることはできないことは覚えておきましょう。

なお、どうしても配置換えさせたい場合は会社を相手に民事訴訟を起こし、裁判に勝利することで裁判所から命令を与えるという方法もありますので参考にしてください。

パワハラは訴え出の意思に関わらず上司(同僚・部下)との対応を記録に残しておこう

相談者相談者

会社がしてくれたパワハラ対策は分かったけど、職場にパワハラ相談員がいないときはどうすればいいの?

 

相談員相談員

うん、職場に相談員がいなければ、パワハラを受けていることを警察や労基に訴え出ることを念頭に証拠集めをすることをおすすめします。

その理由は、職場が必ずしもパワハラに理解があるとは限らないですし、証拠がなければ嫌疑不十分で裁判に勝つ(若しくはパワハラ認定)ことができないからです。

ここでいう証拠とは、対象者がパワハラ行為をしていると認められる言動を記録に残しておくことになりますので、

  • ボイスレコーダーで録音
  • メモを残す

これらの対策をしていきましょう!

パワハラの対応を記録を残す①ボイス(ic)レコーダーで録音する

パワハラの証拠集めは主にボイスレコーダーで録音するのが一番手っ取り早いです。

「このハゲ!!」で有名となった某議員のパワハラ問題でも、ボイスレコーダーで証拠集めをしています。

ボイスレコーダーを選ぶときのポイントは小さいて長時間録音できるものになるので参考にしてください。

パワハラの対応を記録を残す②メモを残す

証拠集めでメモを残すときのポイントは、

  • いつ:日時
  • どこで:場所
  • 誰に:パワハラ相手
  • どんなことをされたか:言動

これらを詳細に記録しておくことです。

メモに書く内容は『平成30年5月11日、職場内(3F営業課)において、上司である○○から「お前なんか辞めてしまえ!」と怒鳴られた』このように簡潔で構わない(嘘はNG)ので、日々の記録として残していきましょう。

パワハラ対応の証拠集めをするならボイスレコーダーの売れ筋ランキングもチェック!

パワハラで証拠集めをするなら参考までにAmazon、楽天、ヤフーショッピングのボイスレコーダー売れ筋ランキングを下記のリンクから確認してみてください。

 

 

会社に相談したのにパワハラ対応してくれない場合の対策

転職エージェント使い方

会社に相談したのにパワハラ対応してくれない場合は、

  • 相談機関
  • 転職

このいずれかの対策をしてみてください。

会社がパワハラ対応してくれない場合の対策①相談機関を頼る

会社がパワハラ対応してくれないときは、下記の職場のパワハラ対策の相談機関に相談することをおすすめします。

  • 総合労働相談コーナー
  • 個別労働紛争のあっせんを行っている都道府県労働委員会・都道府県庁
  • 法テラス
  • みんなの人権110番
  • かいけつサポート

総合労働相談コーナー

解雇、雇止め、配置転換、賃金の引下げ、募集・採用、いじめ・嫌がらせ、パワハラなどのあらゆる分野の労働問題を対象としています。
性的指向・性自認に関連する労働問題も対象としています。

労働者、事業主どちらからの相談でもお受けします。

専門の相談員が面談もしくは電話で対応致します。

予約不要、ご利用は無料です。

相談者の方のプライバシーの保護に配慮した相談対応を行います。

引用:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html

 

総合労働相談コーナーの所在地はこちら

 

法テラス

オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。

各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します

引用:http://www.houterasu.or.jp/service/roudou/power_harassment/index.html

 

法テラス公式HPはこちら

 

みんなの人権110番

差別や虐待,パワーハラスメントなど,様々な人権問題についての相談を受け付ける相談電話です。

電話は,おかけになった場所の最寄りの法務局・地方法務局につながります。相談は,法務局職員又は人権擁護委員がお受けします。

秘密は厳守します。

引用:http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken20.html

 

電話:0570-003-100

 

会社がパワハラ対応してくれない場合の対策②転職を検討する

会社がパワハラ対策をしてくれない場合は転職をすることも検討していきましょう。

なお、転職先を検討するならパワハラに合うことのないような企業を比較・検討(転職したのにパワハラに遭ったら本末転倒)するために転職エージェントを利用することをおすすめめします。

転職エージェントは必ずしも転職する意思がなくても相談できるので、下記の記事に書いてある世代別(30代・20代)におすすめの転職サイトの選び方から転職エージェントの賢い使い方を参考に、じぶんに合った転職エージェントを探してみてください。

 

 

暴力によるパワハラへの対応は会社に対する労災認定&パワハラ上司への刑事告訴の両方できる

相談者相談者

直属の上司のパワハラ(暴力)がひどくて、もう我慢できない!

会社に対する労災認定だけでなく、警察に被害届を提出して刑事告訴したいんだけど、両方することは可能なの?

 

相談員相談員

暴力によるパワハラは労災、刑事事件、民事損害賠償の3種類で問うことができます。

結論からいうと、刑事告訴とともに労災認定をすることができるので、

刑事告訴:警察への被害届提出

労災認定:労働基準監督署に申請を行う

これらの対処をしていきましょう。

暴力によるパワハラ対応で刑事告訴&民事損害賠償を訴え出るときのポイント

暴力によるパワハラで刑事告訴をして示談を申し込まれた場合、労災認定の結果をまってから示談に応じるようにしていきましょう。

その理由は、暴力でのパワハラは労災認定率が高いからになります。

また訴える相手は刑事告訴は加害者(暴力にようパワハラでの刑事告訴は会社にはできない)、民事損害賠償をするときは加害者+会社にすることで、賠償金を取りやすくなります。

部下(派遣社員)から逆パワハラに遭っているときどう対応すればいいのか

相談者相談者

ところで、派遣社員の部下から逆パワハラ(無視)に遭っているときは、どう対応すればいいの?

仕事が円滑に進まなくて困っているんだけど・・・

 

相談員相談員

うん、派遣社員の部下から無視されている場合は主に、派遣会社に状況を話し、派遣会社から部下に話を聞いてもらうようにしていきましょう。

その理由は、あなたが直接若しくは第三者を置いて話したとしても、その部下は言いたいことを言えないかもしれないですし、お互い感情的になったら話し合うことができないからになります。

いくら派遣社員といっても大切な部下に変わりないので、まずは部下の不満を聞いて、派遣会社と対応を協議してみてください。

厚生労働省が発表しているパワハラ対応マニュアルを知っておこう

厚生労働省は職場のパワーハラスメントを予防・解決するために社内相談窓口の設置と運用の方法をマニュアルとして公開しています。

このマニュアルを知ることで、パワハラを受けている側は『このようなことを確認すればいいのか(特に下記の4番)』と確認事項を知ることができますので、是非一読してみてください。

 

1相談窓口の設置:相談窓口には内部相談窓口と外部相談窓口がある。

2相談窓口(一次対応):秘密が守られることや不利益な取り扱いを受けないことを明確にする。

3事実関係の確認:相談者と行為者の意見が一致しない場合は、第三者に事実確認を行う。

4行為者・相談者へのとるべき措置の検討:被害の大きさ/事実確認の結果/行為者または相談者の行動や発言に問題があったと考えられる点/就業規則の規定/裁判例などを踏まえて、対応を検討する。

パワーハラスメントがあったと明確に判断することができない場合は、行動や発言にどう問題があったのかを明確にすることで、事態の悪化を防ぐ。

5行為者・相談者へのフォローアップ:相談者・行為者の双方に対して、会社として取り組んだことを説明する。

6再発防止策の検討:予防策に継続的に取り組むことで再発防止につなげる。

引用:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000128935.html

おわりに:今すぐできるパワハラ対応まとめ

パワハラ対策まとめ

最後にパワハラの対応についてまとめると、

  • 職場にパワハラ相談員がいる場合は相談
  • いない場合は訴訟を念頭に証拠集め若しくは相談機関に相談
  • 会社に相談しても何もしてくれない場合は相談機関に相談若しくは転職の検討

これらになり、どれも今すぐ行動に移すことができますので、是非勇気をもってパワハラへの対応をしてみてください。

 

なお、パワハラについてもっと知りたい方は、

  • パワハラ6つの事例
  • うつ病、無視、暴力を受けているときのパワハラ防止対策
  • 【職場別】パワハラ対策のマニュアル
  • 個人でできるパワハラ対策
  • 労働基準監督署に相談できること

これらパワハラに関するすべてのことがまとめてある『【パワハラ対策と事例】上司&企業別マニュアル!証拠集め(録音)方法と職場の相談機関』こちらの記事も是非読んでいきましょう!