厚生労働省が定義するパワハラとモラハラの基準と意味(違い)とは

パワハラ モラハラ対策

会社内でのパワハラとは主に、上司や同僚、はたまた部下と関係なく、同じ職場で働くものに対し業務の範囲を超えて精神的・肉体的苦痛を与えることです。

一方、モラハラは暴力ではなく言葉や身振り手振りで、同じ職場内で働くものの人権を侵害する精神的な暴力になります。

ただ精神的な暴力(モラハラ)であろうが、業務の範囲を超えた精神的・肉体的苦痛(パワハラ)であろうが訴えることを含め、その対策については大差ありません。

 

この記事ではパワハラとモラハラの違いから、

  • パワハラとモラハラの対策のやり方
  • パワハラとモラハラの訴えでる場所
  • 裁判で訴えでるなら知っておきたい証拠
  • 証拠がない場合の対策
  • パワハラやモラハラが原因で仕事をやめるなら覚えておきたいこと

これらについてご紹介するので是非参考にしてください。

 

職場のパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義をしました。

引用:厚生労働省職場のパワハラの定義

 

パワハラとモラハラの原因を種類別の事例でチェック

パワハラとモラハラの主な種類

  1. 身体的な攻撃:暴行・傷害
  2. 精神的な攻撃:脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
  3. 人間関係からの切り離し:隔離・仲間外れ・無視
  4. 過大な要求:業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制・仕事の妨害
  5. 過小な要求:業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命ずることや仕事を与えないこと
  6. 個の侵害:私的なことに過度に立ち入ること

パワハラとモラハラの事例①身体的な攻撃(暴行・傷害)

パワハラ身体的攻撃

パワハラにおける身体的攻撃とは主に殴ったり蹴ったりされることです。

殴ったり蹴ったりのなかには、紙切れ1枚を投げつける行為も含まれます。

必ずしも怪我する必要はなく、職務上の地位や知識を利用して行う身体的な攻撃はパワハラです。

パワハラとモラハラの事例②精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい言葉)

パワハラ精神的攻撃

パワハラにおける精神的攻撃とは、

  • 「やめてしまえ」などの社員としての地位を脅かす言葉
  • 「無能」などの侮辱、名誉毀損に当たる言葉
  • 「バカ、アホ」といった暴言

これらになります。

 

一方、モラハラにおける精神的攻撃とは、

  • みんなできでるのに、そんなこともできないの
  • お前は人間としてダメだな
  • この仕事向いてないよ

これら人格や性格を否定する言葉です。

 

いくら通常の仕事のなかで言われたとしても、仕事を行うのに必要ではない言葉は原則としてパワハラ・モラハラに当たるので「こんなこと・・・」と悩まず、相談できる相手に相談してみてください。

パワハラとモラハラの事例③人間関係からの切り離し(隔離する言動・仲間外れ・無視)

パワハラ人間関係

パワハラ及びモラハラにおける人間関係からの切り離しとは主に、必要な書類を配布されないことや話しかけても無視されることをあげることができます。

また、職場の全員が呼ばれている忘年会に呼ばれない、すぐ側にいるのに第三者を介して連絡が行われることも含まれるのです。

これらを職場内の優位な地位(上司・部下・先輩・古くから勤務している方)を利用して行った場合はパワハラに当たります。

パワハラとモラハラ事例④過大な要求

パワハラ上司

パワハラ及びモラハラにおける過大な要求とは主に業務上不可能な仕事を強制的に頼まれることです。

業務上不可能な仕事として、

  • 一晩では処理できない業務
  • 大事な取引先との仕事なので、毎晩徹夜している
  • 能力や経験を超える指示で、ほかの社員より著しく多い業務量

これらをあげることができます。

パワハラとモラハラ事例⑤過小な要求

パワハラ過小

パワハラ及びモラハラにおける過小な要求とは、正当な理由がないのに能力や経験とかけ離れた仕事を命じること、若しくは仕事を与えられないことになります。

能力や経験とかけ離れた仕事とは、例えば草むしりをさせられることです。

ただ、このような行為が行われた状況や行為が継続できであるかによって、パワハラか否かが判断されるので、職場内での認識と著しくかけ離れてないかが重要になります。

パワハラとモラハラ事例⑥個の侵害

パワハラ個の侵害

パワハラ及びモラハラにおける個の侵害とは主に有給休暇を利用する際に、その理由を執拗に問われることです。

労働基準法上、年次休暇の申請の際に、社員が休暇の理由を告げる必要はありません。

また上司がその立場を利用して、私生活の予定を聞いてきたり、携帯電話や私物を覗き見る行為もパワハラに該当します。

ただし上司には業務上必要な範囲で、休暇の予定を聞いたり、休暇時期を変更してもらう必要があるかもしれないので、パワハラに該当するか否かは行為が行為が行われた状況や継続的であるかによって左右されるのです。

会社(職場)別パワハラとモラハラ対策

相談者相談者

パワハラとモラハラの種類やその対策は分かったんだけど、職種によって対応は変わるの?

できれば職場別の対策を知りたいんだけど・・・

 

相談員相談員

うん、基本的に同じなんだけど、職種によって多少変わるから、

  • 公務員(警察官・消防士)
  • 病院(看護師)
  • 中小企業
  • バイト
  • 大学
  • 社長(経営者)

これらケース別の対策をご紹介するね!

公務員(警察官・消防含)のパワハラ&モラハラ対策

公務員のパワハラとモラハラ対策は主に、その機関にパワハラ(モラハラ・セクハラ)相談員が指定されているので、その相談員に相談してみてください。

指定されている相談員に相談することで、当事者が、

  • 降格
  • 配置換え(罰俸含)

これらの処分を受ける場合があります。

 

ですから、まずは相談をしてみて聞く耳を持たなければその旨+被害に遭っていることを各省庁(市役所含む)の人事課に報告・相談するようにしてみてください。

病院のパワハラ&モラハラ対策

病院のパワハラとモラハラ対策は、院長や診療部長がパワハラなどの相談窓口になっているか否かで対応が変わってきます。

院長や診療部長がパワハラなどの相談窓口になっている場合は、自分自身で対応するしかないのでパワハラ及ぼモラハラかなと感じたら、

  • 上司との関係がこじれる前に率直に尋ねる
  • 職場の同僚に相談して、相談者を確保しておく
  • 精神的に潰れてしまいそうなら、心疾患になる前に転職して職場を変える

これらの対策をしていきましょう。

看護師の多くがパワハラ被害に遭っている

一般的な職種と違い、医療・介護の現場でのハラスメントにはさまざまな関与者が存在しています。

職場における直接の上司や同僚以外に、医師や薬剤師などの他職種、また外部の第三者、患者さんやその家族からもハラスメントを受ける可能性があります。

職場での暴力やハラスメントについて、さまざまな調査が行われており、多くの看護職が被害に遭っているという結果が報告されています。

引用:日本看護師会

 

今すぐ看護師を辞めたい方はこちら

 

中小企業のパワハラ&モラハラ対策

中小企業のパワハラとモラハラ対策は主に就業規則に『ハラスメント全般の禁止規定』が盛り込まれているので、まずは就業規則を確認していきましょう。

ハラスメント全般の禁止規定を確認した後、

  • 企業に相談窓口がある場合は、窓口に相談
  • 企業に相談窓口がない場合は、上司に相談
  • 上司に相談できない若しくは相談しても対応してくれない場合は、会社がある場所の労働局または労働基準監督署の総合労働相談コーナーに相談

これらの対策をしてみてください。

 

総合労働相談コーナーで相談員が対応してくれます。
このとき、パワハラが起きた事実関係を整理しやすいよう自分で、

  1. パワハラだと感じたことが起こった日時
  2. どこで起こったのか
  3. どのようなことを言われたのか、強要されたのか
  4. 誰に言われたのか、強要されたのか
  5. そのとき、誰がみていたか

などを持っていくとよいでしょう。

引用:https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/inquiry-counter

パワハラ&モラハラ対策の就業規則の事例

パワハラとモラハラ対策の就業規則とは主に下記のとおりです。

従業員は、部下・同僚・後輩に対して次の各号に掲げるパワハラ行為をしてはならない。

1身体的暴力行為を行うこと

2人格を傷つける発言を行うこと

3他の従業員の前で一方的に恫喝すること

4無視をすること

5私物を意図的に壊したり隠すこと

6不当な異動や退職を強要したり、解雇をちらつかせること

7明らかに達成が不可能な職務を一方的に与えること

8故意に必要な情報や連絡事項を与えないこと

9業務に必要がないことを強制的に行わせること

10その他前各号に準ずる言動を行うこと

引用:https://www.lcgjapan.com/pdf/kitei087.pdf

バイト(パート含)のパワハラ&モラハラ対策

バイトのパワハラとモラハラ対策は主に、職場にある相談窓口に相談していきましょう。

もし相談窓口がない場合は、中小企業のパワハラ対策と同じく、会社がある場所の労働局または労働基準監督署の総合労働相談コーナーに相談してみてください。

なお労働局の相談コーナーではアルバイトの不当な解雇(急に明日から来なくて良いと言われる)、アルバイト中の怪我なのに「治療費は自分で支払って」と言われた場合でも相談できるので参考にしてほしいです。

大学のパワハラ&モラハラ対策

大学のパワハラとモラハラ対策は主に、学内に設置してあるハラスメント相談窓口に相談するようにしていきましょう。

また暴力や傷害に該当する場合は、刑事事件を視野に警察に相談できることも覚えておきましょう。

なお、警察に相談する場合は時間をあけることなく、すぐに110番(加害者がいなくならないうちに)若しくは最寄りの警察署(交番)に相談してください。

ワンマン社長(経営者)や部長のパワハラ&モラハラ対策

ワンマン社長へのパワハラとモラハラ対策は、

  • 訴訟を視野に入れ録音若しくはメモで記録をつける
  • 会社がある場所の労働局または労働基準監督署の総合労働相談コーナーに相談
  • 精神的に潰れそうなら、心疾患になる前に職場を変える

これらの対策をしていきましょう。

 

【家庭内別(離婚含む)】パワハラとモラハラ対策

パワハラ モラハラ 家庭

家庭内別パワハラとモラハラ対策

  • 夫婦(夫・妻)と親
  • 【番外】彼氏

家庭内のパワハラ&モラハラ対策 (夫・妻・親・夫婦)

家庭内のパワハラとモラハラ対策のうち特にパワハラは、警察に相談するようにしてください。

その理由は警察は家庭内暴力を人身安全関連事案と位置づけているので、少しでも不審なことがあれば直ぐに行動を起こしてくれるからになります。

警察に相談する=訴え出て逮捕されるというわけではないので、まずは自分の身を守るためにも警察に相談してほしいです。

またパワハラやモラハラが原因で離婚するのであれば、必ずその状況を録音若しくは録画するようにしていきましょう。

【番外】彼氏のパワハラ&モラハラ対策

彼氏からのパワハラとモラハラ対策については、いきなり警察に相談(暴力事件若しくはストーカーの類い)するのは中々難しいのではないですよね。

ですからまずは家族や友人に相談するようにしてみてください。

また家族や友人に相談するなら、いつ、どこで、どんなことをされたかを記録に残し傷跡があれば写真に残しておきましょう。

パワハラとのモラハラの訴え(暴力)は刑事と民事及び労災で問うことができる

パワハラ対策

パワハラ・モラハラのなかでも暴力による場合は労災、刑事事件、民事損害賠償の3種類で問うことができます。

結論からいうと、刑事告訴とともに労災認定をすることができるので、

  • 刑事告訴:警察への被害届提出
  • 労災認定:労働基準監督署に申請を行う

これらの対処をしていきましょう。

暴力によるパワハラ&モラハラ対応で刑事告訴&民事損害賠償を訴え出るときのポイント

暴力によるパワハラ・モラハラで刑事告訴をして示談を申し込まれた場合、労災認定の結果をまってから示談に応じるようにしていきましょう。

その理由は、暴力でのパワハラ・モラハラは労災認定率が高いからになります。

また訴える相手は刑事告訴は加害者(暴力にようパワハラでの刑事告訴は会社にはできない)、民事損害賠償をするときは加害者+会社にすることで、賠償金を取りやすくなります。

パワハラとモラハラを裁判で訴える(警察に通報・被害届提出)なら知っておきたいこと

相談者相談者

ところで、パワハラとモラハラを訴えるとき、何か注意点はないの?

もしあれば具体的に教えてほしいんだけど・・・

 

相談員相談員

うん、パワハラとモラハラは口頭だけで「被害に遭いました」と伝えても、裁判に勝訴することは難しいし、被害届を受理してもらえないかもしれません。

だから、ここでは被害届の受理と裁判で勝訴するためのポイントをご紹介するね!

パワハラとモラハラの証拠は直接・間接の2種類!間接証拠だけでは本人がそう思っていても訴えることは難しい

パワハラとモラハラの証拠には主に、

  • 直接証拠・・・録音、録画
  • 間接証拠・・・メモ書き

この2種類があり、被害届の受理や裁判で勝訴するためには直接証拠が重要になってきます。

 

いくらメモ書きなどの間接証拠を提示しても、例えば弁護士に「これは本当なの?全部あなたの嘘なのでは?」と言われてしまえば、何も証明する手立てはありません。

ですから警察に被害届を提出し、相手を訴え出る意思があるのであれば必ず直接証拠を集めておきましょう。

パワハラとモラハラの直接証拠を入手する方法

パワハラ 証拠

裁判で事実認定され勝訴するためのパワハラ直接証拠の収集方法

  • ボイスレコーダーで録音
  • 小型カメラで録画
  • スマホに送られてきらラインをスクリーンショット

パワハラ&モラハラ証拠集め方法①ボイス(ic)レコーダーで録音する

パワハラとモラハラの証拠集めは主にボイスレコーダーで録音するのが一番手っ取り早いです。

「このハゲ!!」で有名となった某議員のパワハラ問題でも、ボイスレコーダーで証拠集めをしています。

ボイスレコーダーを選ぶときのポイントは小さくて長時間録音できるものになるので参考にしてください。

訴訟に勝つため(盗聴の録音だから違法と認定されない)のボイスレコーダーのやり方

ボースレコーダーで録音するなら、第三者に頼むのは辞めるようにして下さい。

その理由は第三者に録音を頼むことで、盗聴の嫌疑がかかるからになります。

いくら上司や部下、同僚がパワハラをしている事実があっても、当事者が録音をしなけれなれば盗聴の嫌疑がかかり、相手の弁護士に突っ込む材料を与えてしまうので録音するなら自分でしていきましょう。

パワハラ&モラハラ証拠集めの方法②小型のスパイカメラで録画する

小型のスパイカメラはパワハラ・モラハラを動画で記録するときのマストバイです。

パワハラ・セクハラ行為を動画で録画するときも、

  • いつ:日時
  • どこで:場所
  • 誰に:パワハラ相手
  • どんなことをされたか:言動

これらを詳細に記録するためにパワハラ・セクハラ行為が起きたあと、できれば直ぐ近くの時計(スマホやテレビでもOK)で時間を記録するようにしていきましょう。

パワハラ&モラハラ証拠集めの方法③スマホに送られてきたラインをスクリーンショットする

当事者からラインでパワハラ&モラハラの文章が送られてきたら、文章をスクリーンショットしておきましょう。

スクリーンショットとはスマホに送られてきた文章を画像で保存しておくことです。

また、ここでいうパワハラの文章とは、

  • 精神的な攻撃:脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
  • 過大な要求:業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制・仕事の妨害
  • 過小な要求:業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命ずることや仕事を与えないこと
  • 個の侵害:私的なことに過度に立ち入ること

これらに該当することをいうので、是非参考にしてください。

 

 

パワハラ&モラハラの証拠集めをするなら小型のスパイカメラの売れ筋ランキングもチェック!

パワハラとモラハラの証拠集めをするなら参考までにAmazon、楽天、ヤフーショッピングの小型のスパイカメラ売れ筋ランキングを下記のリンクから確認してみてください。

パワハラとモラハラの証拠がない場合(仕返し検討)の対策

相談者相談者

パワハラとモラハラの証拠を残す方法は分かったんだけど、もし証拠がない場合はどうすればいいの?

泣き寝入りするなんて絶対に嫌なんだけど・・・

 

相談員相談員

ん、泣き寝入りは絶対にさせないよ!

パワハラとモラハラの証拠がないときは、

  • 日記を残す
  • 医師から診断書を受領する
  • 労働基準監督署に相談
  • 相談機関に相談
  • 会社の社員からの証言の確保

これらの方法を試していこう。

なお証拠がない場合はスピード勝負になるから、パワハラやモラハラを受けた直後に行動を起こしてね。

パワハラやモラハラを受けて直ぐ行動を起こさないことで、パワハラで○○になりましたと言っても、その因果関係を証明(本当にパワハラが原因なの?と突っ込まれてしまう)するのが難しくなるからね。

上司が無視する!パワハラ&モラハラ証拠なしの対処法①日記(メモ・手書き)を残す!書き方のコツは言われた言葉を詳細に記録

パワハラとモラハラの証拠がないときメモを残すポイントは、

  • いつ:日時
  • どこで:場所
  • 誰に:パワハラ相手
  • どんなことをされたか:言動

これらを詳細に記録しておくことです。

 

具体的には『平成30年5月11日、職場内(3F営業課)において、上司である○○から「お前なんか辞めてしまえ!」と怒鳴られた』このように簡潔で構わない(嘘はNG)ので、日々の記録として残していきましょう。

身体的攻撃を受けたけど目撃者がいない!パワハラ&モラハラ証拠なしの対処法②医師から診断書を受領する

パワハラ(暴行・傷害)をされた場合は、直ぐに医師から診断書を受領してください。

その理由は警察官に傷害の被害届をだすなら、医師の診断書が必要になりますし、傷を負ったという証明になるからです。

また本当は傷害(医師の診断書があれば傷害、なければ暴行)を負っているのに、被害届で暴行と受理されないためにも医師の診察は必ず受けるようにしておきましょう。

また医師から診断書を受領するなら、念のため相手から受けた傷の具合(どこをどのように怪我をしているか)を写真で収め残しておいてください。

どうしても証拠が見つからない!パワハラ&モラハラ証拠なしの対処法③労働基準監督署に相談する

労働基準監督署とは主に、労働基準法を元に職場の改善・指導を行う機関になるのでパワハラを解決する機関ではありません。

ただし当機関には『総合労働相談窓口』があるので、ここに相談することで、

  • 職場内で解決できる方法の提案
  • 職場内での解決が難しい場合は、厚生労働省管轄の労働局から会社に具体的な指導や助言を行う

これらの対策を行うことができます。

証拠が見つからない!パワハラ&モラハラ証拠なしの対処法④相談機関に相談する

パワハラとモラハラの証拠がないときや会社に被害の事実を告げても何もしてくれない場合は、下記の相談機関に相談することをおすすめします。

  • 総合労働相談コーナー
  • 個別労働紛争のあっせんを行っている都道府県労働委員会・都道府県庁
  • 法テラス
  • みんなの人権110番
  • かいけつサポート

総合労働相談コーナー

解雇、雇止め、配置転換、賃金の引下げ、募集・採用、いじめ・嫌がらせ、パワハラなどのあらゆる分野の労働問題を対象としています。
性的指向・性自認に関連する労働問題も対象としています。

労働者、事業主どちらからの相談でもお受けします。

専門の相談員が面談もしくは電話で対応致します。

予約不要、ご利用は無料です。

相談者の方のプライバシーの保護に配慮した相談対応を行います。

引用:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html

 

総合労働相談コーナーの所在地はこちら

 

法テラス

オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。

各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します

引用:http://www.houterasu.or.jp/service/roudou/power_harassment/index.html

 

法テラス公式HPはこちら

 

みんなの人権110番

差別や虐待,パワーハラスメントなど,様々な人権問題についての相談を受け付ける相談電話です。

電話は,おかけになった場所の最寄りの法務局・地方法務局につながります。相談は,法務局職員又は人権擁護委員がお受けします。

秘密は厳守します。

引用:http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken20.html

 

電話:0570-003-100

 

パワハラ証拠なしの対処法⑤会社の社員(目撃者)からの証言

パワハラの証拠がない場合は、

目撃者の証言を陳述書という形で残しておく

目撃したことをボイスレコーダーに録音

これらをするのも有効です。

また目撃者は多ければ多いほどいいので、できれば3〜4人に証言をもらっていきましょう。

 

パワハラ&モラハラで退職(仕事辞めたい)するなら転職サイトを利用しよう

公務員から転職準備

パワハラとモラハラで退職若しくは転職するならパワハラに合うことのないような企業を比較・検討(転職したのにパワハラに遭ったら本末転倒)するために転職エージェントを利用することをおすすめめします。

転職エージェントは必ずしも転職する意思がなくても相談できるので、下記の記事に書いてある世代別(30代・20代)におすすめの転職サイトの選び方から転職エージェントの賢い使い方を参考に、じぶんに合った転職エージェントを探してみてください。

 

 

パワハラやモラハラにより起こるトラウマや後遺症(病気・うつ)について

パワハラやモラハラが原因で、

  • 仕事に行こうとすると吐き気がする
  • 職場で上手く話せない

これらの症状を発し、後遺症としてうつ病、睡眠障害、パニック障害、対人恐怖症、体の不調を引き起こすことがあります。

 

74.2%の企業が、パワハラを受けた社員のうち、ある程度の者にメンタル面 での問題が生じていると認識しています。

本人だけでなく周囲の社員にも影響する危険性もあります。●元気がなくなる ●急に仕事の能率が悪くなりミスが増えた●欠勤や遅刻が多くなった ●寝不足や食欲低下の様子が見える

引用:http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11202000-Roudoukijunkyoku-Kantokuka/0000014644.pdf

パワハラとモラハラ加害者の心理的特徴

パワハラやモラハラを行う加害者の心理的特徴は、

  • 小心者
  • 完璧主義者
  • 嫉妬深い
  • 他人の感情を理解できない

これらになり多くの場合は、当事者(加害者)はパワハラ及びモラハラをしていると気づいていません。

 

また被害者からパワハラやモラハラを受けている事実を告げても、当事者は聞く耳をもたないので、パワハラ若しくはモラハラを辞めさせるなら、

  • 自分の考えを変える若しくは転職する
  • パワハラ・モラハラされている旨をを訴える(会社、警察、労基)

これらの対策をしていきましょう。

パワハラとせクハラ・マタハラ・モラハラの証拠集めの方法は同じ

パワハラとせクハラ・マタハラ・モラハラの証拠集めの方法は同じです。

証拠がない場合の対処の仕方も同一になるので、パワハラ以外の被害にあってる場合は同時進行で証拠を集めていきましょう!

パワハラとモラハラは加害者から被害者に謝罪されることはないのか

パワハラのモラハラの加害者からは主に、被害者に謝罪されることはありません。

その理由は謝罪=パワハラやモラハラを認めたことになるからです。

もし謝罪を要求するのであれば、裁判に勝訴することで、その鬱憤を晴らしていきましょう。

おわりに:パワハラ&モラハラ対策まとめ

パワハラ モラハラ最後にパワハラとモラハラ対策をまとめると、

  • 訴訟を視野に入れるなら、直接証拠を集める
  • 相談の範囲(証拠がない含)なら、警察相談(家庭内パワハラ・モラハラに限る)、労基に相談、会社の窓口に相談

これらの対策をして、万が一のときのために訴訟を視野に入れなくても直接証拠を集めておくことを推奨します。

 

NOMOREパワハラ・モラハラ!!

パワハラとモラハラには絶対に屈してはいけません。

絶対に屈しないためにも、直接証拠を収集していきましょう。