モラハラの例を知る前にパワハラとの違いを知ろう

モラハラ 例

パワハラとは主に、上司や同僚、はたまた部下と関係なく、同じ職場で働くものに対し業務の範囲を超えて精神的・肉体的苦痛を与えることです。

一方、モラハラは暴力ではなく言葉や身振り手振りで、家庭内や同じ職場で働くものの人権を侵害する精神的な暴力になります。

モラハラの加害者は他人から指摘されても、自分と違った意見を受け止めることができず他責・他罰になる傾向があるので、被害者はモラハラをされていると気づくためにも事例を知ることが大切です。

 

この記事では被害者がモラハラと気づき対策できるようになるために、

  • モラハラの主な種類
  • 【ケース別】モラハラの事例
  • モラハラの対策
  • モラハラの事例と体験談

これらをご紹介していきますので是非参考にしてください。

 

モラハラの主な種類を事例でチェック

モラハラの主な種類と事例は、

  1. 精神的な攻撃:脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
  2. 人間関係からの切り離し:隔離・仲間外れ・無視
  3. 過大な要求:業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制・仕事の妨害
  4. 過小な要求:業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命ずることや仕事を与えないこと
  5. 個の侵害:私的なことに過度に立ち入ること

これらになります。

 

ただいくら事例を知っても、当事者がモラハラと判断できなければ意味がありません。

モラハラと判断するためにも事例だけでなく、次に掲げるケース別の具体例を読み『自分がモラハラを受けているか否か』を判断してみてください。

【ケース別】モラハラの事例

モラハラ 例

ケース別モラハラの事例を、

  1. 職場内のモラハラ
  2. 家庭内のモラハラ
  3. 彼氏のモラハラ

これら端的にご紹介していきます。

職場内(上司・同僚・ぶか)におけるモラハラの言葉(暴言)や言動の具体例

  • 決めた通りに動くことを半ば矯正するマイルールがあり、このルールを守らないと暴言を吐いたり無視をするようになる
  • 周りには聞こえない声で悪口を言われる
  • 周りは飲み会に誘われてるのに、毎回自分だけは誘われない
  • 明らさまに無視される
  • お前は無能だ、こんな仕事もできないのなど人格否定をされる

家庭内における夫婦間でのモラハラの言葉(暴言)や言動の具体例

  • 自分が決めた通りに動くことを半ば矯正するマイルール(決められた時間に食事を用意するなど)があり、このルールを守らないと暴言を吐く
  • 同じことをしていても言う事がころころ変わり、その都度対応しないと罵倒される=結局何をしても怒られるので、被害者はじぶんが悪いから怒られると思い込みやすい
  • 顔に関する嫌味(ブス、デブ、など)を言われる

 彼氏のモラハラの言葉(暴言)や言動の具体例

  • 週に何回会う、遊んでも○時には帰ってこいなど行動を制限される
  • 人のせいにすぐする

モラハラの例えを知ったら対策の仕方も覚えておこう

相談者相談者

モラハラの事例は分かったんだけど対策はどうすればいいの?

できれば具体的に教えてほしいんだけど・・・

 

相談員相談員

うん、モラハラを受けている(受けているかもでも可能!)ときの対策をケース別に具体的に紹介するから、是非参考にしてね!

職場でのモラハラ対策

職場のモラハラ対策は主に、就業規則に『ハラスメント全般の禁止規定』が盛り込まれているので、まずは就業規則を確認していきましょう。

ハラスメント全般の禁止規定を確認した後、

  • 企業に相談窓口がある場合は、窓口に相談
  • 企業に相談窓口がない場合は、上司に相談
  • 上司に相談できない若しくは相談しても対応してくれない場合は、会社がある場所の労働局または労働基準監督署の総合労働相談コーナーに相談

これらの対策をしてみてください。

 

総合労働相談コーナーで相談員が対応してくれます。
このとき、パワハラが起きた事実関係を整理しやすいよう自分で、

  1. パワハラだと感じたことが起こった日時
  2. どこで起こったのか
  3. どのようなことを言われたのか、強要されたのか
  4. 誰に言われたのか、強要されたのか
  5. そのとき、誰がみていたか

などを持っていくとよいでしょう。

引用:https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/inquiry-counter

モラハラの就業規則の事例

モラハラの就業規則とは主に下記のとおりです。

従業員は、部下・同僚・後輩に対して次の各号に掲げるパワハラ行為をしてはならない。

1身体的暴力行為を行うこと

2人格を傷つける発言を行うこと

3他の従業員の前で一方的に恫喝すること

4無視をすること

5私物を意図的に壊したり隠すこと

6不当な異動や退職を強要したり、解雇をちらつかせること

7明らかに達成が不可能な職務を一方的に与えること

8故意に必要な情報や連絡事項を与えないこと

9業務に必要がないことを強制的に行わせること

10その他前各号に準ずる言動を行うこと

引用:https://www.lcgjapan.com/pdf/kitei087.pdf

職場のモラハラ対策の相談機関一覧

職場のモラハラ対策の相談機関

  • 総合労働相談コーナー
  • 個別労働紛争のあっせんを行っている都道府県労働委員会・都道府県庁
  • 法テラス
  • みんなの人権110番
  • かいけつサポート

家庭内のモラハラ対策

家庭内のモラハラ対策は、主に話し合い(別居を含)若しくは弁護士を入れての離婚調停になりますが、モラハラから家庭内暴力になったときはすぐ警察に相談するようにしてください。

その理由は警察は家庭内暴力を人身安全関連事案と位置づけているので、少しでも不審なことがあれば直ぐ行動を起こしてくれるからになります。

警察に相談する=訴え出て逮捕されるというわけではないので、まずは自分の身を守るためにも警察に相談してほしいです。

夫婦間のモラハラが原因で別居しているも離婚をしてくない場合の対策

夫婦間のモラハラが原因で別居しているも、離婚をできない場合はモラハラに強い弁護士を入れて、

  • 別居の期間
  • 離婚しても、家計別に生活できる(実績があるなら)
  • 客観的にみて明らかにモラハラである

これらの相談をして、離婚できるよう交渉してもらいましょう。

なお離婚の交渉をしてから離婚できるまで(数年かかるケースもある)は、月に数回の頻度で弁護士同士の話し合いがあるので参考にしてください。

彼氏のモラハラ対策

彼氏のモラハラ対策については主に、つきまとい的要素(別れ話をしたら危害を加えられる恐れのある言動をされた)があれば、こちらも人身安全関連事案に発展する恐れがあるので、すぐ警察に相談してほしいです。

そのような状況がない場合は、まず家族や友人に相談するようにしてみてください。

また家族や友人に相談するなら、いつ、どこで、どんなことをされたかを記録に残し、つきまといに発展したときに提出できる証拠を固めておきましょう。

 

職場で起きたモラハラの事例と体験談

私(公務員)は職場内でモラハラを受けていた従業員が、職場の相談員にモラハラの実態を報告することで、当事者が降格処分になったのを目にしています。

「職場の相談員って、どうせ肩書きだろ」このように思っていましたが、現実はしっかり機能していました

ですから、モラハラ及びパワハラで悩んでいる方は一人で悩むことなく、職場の相談員に相談してみてほしいです。

おわりに:モラハラの事例まとめ

モラハラ

最後にモラハラについてまとめると、

  1. 精神的な攻撃:脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
  2. 人間関係からの切り離し:隔離・仲間外れ・無視
  3. 過大な要求:業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制・仕事の妨害
  4. 過小な要求:業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命ずることや仕事を与えないこと
  5. 個の侵害:私的なことに過度に立ち入ること

これらになり、対策としては職場の場合は上司に相談、第三者機関に相談、夫婦&彼氏の場合は人身安全関連事案に発展する恐れがある場合は警察に相談していきましょう。

 

モラハラを受けながら職場に通う、夫婦(彼氏)と一緒にいるのは辛いですよね。

ただいくら辛くても、周りは何もしてくれないのが現実です。

周りは何もしてくれないのであれば、自ら行動を起こすしかないので是非勇気をもって、この記事を参考にモラハラ対策をしてみてください。